PDFやExcelの金抜設計書を取り込み積算
積算精度アップで受注率向上を目指す

電子設計書の取り込みが
積算時間の削減と効率を高める

発注機関から提供されているPDF形式とExcel形式の電子設計書データを直接、ゴールデンリバーに取り込めます。工事名や工事箇所、費目・工種、数量などはもちろん、代価番号も含む設計書を簡単に取り込み、入力画面に反映します。積算時間の短縮と、積み上げ漏れを未然に防ぐことに繋がります。

最小限の設定で電子設計書を自動認識

ゴールデンリバーは、電子設計書データを取り込む際、ユーザーにやさしい省力操作。わずかな設定項目を選択するだけで、自動で金抜設計書の末端代価表まで取り込みます。

積算作業の動きに合わせて
目的の電子設計書データを連動表示

取り込んだ電子設計書(PDF・Excel)は、ゴールデンリバーを操作するだけで瞬時に該当ページを表示する便利なシンクロ表示機能を搭載。積算する該当項目をクリックするだけで電子設計書の代価表の該当箇所にジャンプ表示します。金抜設計書を操作する手間を省きながらも金抜設計書を参照して正確・安心な積算が実現できます。
さらに、代価番号の一致により確認作業も捗ります。

マルチディスプレイなら、さらに便利

ディスプレイを1台プラスすると、驚くほど便利。左画面にゴールデンリバー、右画面に電子設計書を表示することで、作業効率が格段にアップします。

電子設計書の積算条件を読み込み自動選択

発注元の電子設計書から積算条件を読み込み、積算条件を自動で選択します。入力作業を軽減し、積算条件の選択ミスを防ぎます。

マーク表示で、自動積算でも安心

代価表から積算条件を自動認識し、積算に反映させます。自動選択された入力値は、マーク表示(印)され、自動処理された項目かどうかの判断を一目でできます。正しく選択されているかどうかのチェックを行うことで、より正確な積算が行えます。積算条件を決定することで、マーク表示は解除されます(印が消えます)。

同一番号の代価表を瞬時に判断し、
積算結果に反映

電子設計書の取り込みにより設計書を作成する場合や設計書内に同一条件の歩掛が存在する場合は、一つの歩掛で条件選択をすれば、代価表番号をもとに同一条件の歩掛に一括で条件選択が反映されます。同じ条件の歩掛を何度も設定する必要はなく、作業負担を軽減します。

検索の手間不要!
1クリックで直近の単価に置き換え

電子設計書の取り込みを利用した際は、「単価照合」ボタンをクリックするだけで、工事履歴から直近の単価を読み込み設計書に反映。検索の手間が軽減され、作業時間の短縮にも繋がります。さらに、単価の文字情報を保持でき、発注元の設計書の表示のまま単価を入力できます。