電子設計書を取り込まずに紙設計書などから積算。
膨大な積算情報を操るツールがバックアップ

直感的な操作を実現した画面周りで
単価表作成も簡単

計書に基づく数量、条件を画面に従って、入力・選択するだけで自動で単価表を作成します。
作成された単価表は再選択でき、現場条件の確認やチェック作業にも有効です。

物価資料の参照元が明確で、
単価の根拠がわかりやすい

2つの物価調査機関から発行される物価資料に掲載されている単価のみならず、資料参照元をあわせて表示。積算時の選択肢として重要な名称・規格については、1つの物価調査機関をメイン表示させ、もう1つの物価調査機関をポップアップ表示。
2つの物価調査機関の単価根拠を把握でき、正確な積算を実現します。

一目で分かる親切なチェック用の目印機能

コメントを付加することができる5色の付箋機能を搭載。色別に、「あとで特記仕様書再確認」や「単価確認」などメモとしてコメントを付箋で追加すれば、チェック漏れも防げます。付箋の箇所や内容は、行の先頭にマークされ、一覧はExcel形式にエクスポートすることもでき、チェックリストとしても活用できます。

発注者独自名称でも歩掛内訳構成で検索

積算基準(歩掛)の検索方法の一つで、単価表の内訳構成内を検索対象として、検索を実行します。発注者が独自に歩掛名称を変更した場合に、内訳から該当項目を引き当てることができる便利な機能です。

標準単価・構成比率より
施工パッケージ条件を直接入力

標準単価・構成比率より対象の施工パッケージ条件を検索して入力することができます。発注元の設計書に施工パッケージの標準単価・構成比の記載がある電子設計書の取り込み時は、構成比の情報を取り込み、施工パッケージ条件を一つ一つ選択することなく、該当する条件を一括で自動選択します。

前にも同じような工事があったなぁ・・・
過去の設計書データも活用できる

「他設計書」ボタンをクリックすると、過去の工事履歴が一覧で表示されます。該当工事をクリックすれば、別ウィンドウで過去の工事設計書が表示され、必要な項目をコピーし、作成中の設計書に読み込むことができます。

工種別に機械・労務・材料などを
自動集計・一覧表示

画面上の「集計」ボタンをクリックするだけで、入力画面と同じ形式で工事全体を単価区分ごとに集計表を表示し、材料一覧とあわせて確認できます。労務費、材料費、損料・損耗費も一目で確認できます。集計表は、CSV形式等で保存することができ、施工管理ソフトと連動して使用できます。