プレゼン建築3DCAD A's(エース)

エースは心を掴むのが上手。

エースは、アピールが得意分野だから、プレゼンなんてお手の物。
正確さと素早い判断能力も僕にお任せ。
お望みだってすぐに叶えるよ。

メーカー素材をリアルに表現。選択するだけでパースに瞬時に反映

プラン図入力と同時に生成される3Dパース。外壁材や屋根材、内装材、建具、水回り・外構部品などは豊富に搭載されているメーカー商品を指定し、貼り付けたい箇所をクリックするだけで瞬時にパースに反映。素材の更新も随時行っております。
パースで現在使用しているテクスチャ等を一覧の該当素材に瞬時に移動。使用中のテクスチャの確認が容易で、同じ素材のほかの箇所への貼り付けも簡単にできるようになりました。右クリックにより素早くお気に入り登録も行えます。

搭載素材メーカー (アルファベット・五十音順)

  • 株式会社LIXIL
  • mmis(モトハシマテリアル株式会社)
  • TOTO株式会社
  • YKK AP株式会社
  • アイジー工業株式会社
  • 旭化成建材株式会社
  • 旭トステム外装株式会社
  • ウィルビー株式会社
  • 株式会社ウッドワン
  • オーウェンスコーニングジャパン合同会社
  • クリナップ株式会社
  • ケイミュー株式会社
  • 神島化学工業株式会社
  • 三協立山株式会社 三協アルミ社
  • 株式会社サンゲツ
  • 四国化成工業株式会社
  • シンコール株式会社
  • タカラスタンダード株式会社
  • 株式会社鶴弥
  • 東レACE株式会社
  • ニチハ株式会社
  • 日鉄鋼板株式会社
  • 株式会社ノダ
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社無添加住宅

お施主様の好みの色合いから素材を効率よく選択

数万点ある素材データの中から、「白系」、「灰系」、「黒系」などの色合いで検索することができます。お施主様のお好みの色合いで素材を見つけることができ、仕様選定の手間を軽減します。

最適な視点を自動生成。サムネイルから一発切り替え

プログラムが自動生成した視点をパースのサムネイルから選択し、瞬時に最適な視点を呼び出せます。視点高さや、あおり設定も自動調整され、見栄えの良いパースを簡単に作成できます。配置図のスマートマップ上でも簡単に視点設定が行えます。

開口や設置高をパース上でらくらく計測

建具の開口や高さなどの寸法をパース上に表示。家具と壁の間や、棚板の間隔、コンセント・スイッチの高さなど、平面だけではわかりにくい寸法を3D上で測定できます。また、家具などの移動時もリアルタイムに壁との距離も表示します。

指定した箇所のみを比較。候補の素材を登録しループ表示

外壁の部分サイディングや、内観のクロスやキッチンパネルなどの箇所を指定し、比較したい素材を予め設定し、お施主さまの目の前で表示切り替えが行えます。素材を張り付けの手間を軽減でき、比較検討も容易です。

一括でオリジナル仕様の素材を反映。配色パターンの比較が簡単に

ナチュラル、和モダンなどテーマを選択するだけで、素材を一括設定。テーマを切り替えるだけで、パースのカラーを瞬時に変更できます。自社の商品シリーズを設定しておくことで、幅広い商品の提案がスムーズに行えます。

リモートでも空間が伝わる。全画面表示でウォークスルー

1クリックで全画面表示に切り替え。リモート打ち合わせでも、空間に吸い込まれるようなリアルさを演出できます。日当たりの様子や、外壁材や内装材の配色のシミュレーションも行えます。

ボタンで、白模型、スケルトン、断面、鳥瞰を切り替えできます。
断面ではカット位置を移動しながら確認でき、水平断面では鳥観図のように間取りも確認できます。

季節や地域などを設定し日当たりの様子を再現したり、外壁材や内装材の配色パターンを切り替え表示したりできるシミュレーション機能も搭載しています。

生活動線が伝わるショートムービーを簡単に生成。完成動画をYoutubeで公開すれば集客もサポート

暮らしのイメージを伝える際に効果的なムービー。一般的な視点の高さや動線を自動設定し、2クリックでムービーを生成します。自動識別する動線の主なルートは、外観全体から玄関アプローチ、リビング、最後に再度外観を俯瞰する流れを1分程度の動画でまとめます。ルートを自由に設定できる手動ムービー機能も搭載しています。

見えない風を可視化。窓開け換気時の風の流れを動画で表現

地域と暦を指定するだけでアメダスデータをもとに風向や風速を数分で自動算出。開口部の幅や高さも考慮し、開閉にも対応しています。
シミュレーション結果は、流線表示やタイル表示の静止画と、時間軸を負った動画として出力できます。

階層単位で採光の様子を把握。動画でシミュレーション

地域と季節、時間帯を指定すると太陽高度とその位置関係を的確に計算し、各部屋の採光状況を再現。
直射光のほか、環境自然光も計算することにより、陽が直接当たらない部屋の状況も把握でき、結果は1日の様子を動画で出力できます。

小屋裏やロフトの部屋属性を追加。空間を有効利用したパース生成も容易

プラン図でLDKや和室といった部屋属性の配置と同様の操作で、小屋裏階に小屋裏またはロフトとして部屋属性を指定すれば、それぞれの仕上表現を自動で行い、面倒な設定が不要になりました直下率チェックや建もの燃費ナビ、外皮性能計算、仕上表など各種アプリケーションにも連携し、住まいの空間を有効利用した設計が可能です。

PAGE TOP