図面・積算

柔軟なパフォーマンスで作業効率がアップ。

あなたが苦労している図面の管理や整合性の保持もエースにお任せください。
一つの図面を修正すれば、関連する図面を自動更新。
DXFやJWWなど様々なCADフォーマットの出力にも対応しています。

各種図面は一元管理。変更は関連図面を自動更新

基本入力から図面マネージャにより、各種図面を一括で自動生成。加筆・修正は、関連する設計図面にも反映され、設計業務において課題となる整合性を保つことも容易で、修正漏れを防ぎ設計業務の負担を軽減します。

壁量等検討図書は仕様変更も容易

壁量計算書や接合部・床倍率検討表などの各種図面を自動作成します。耐力壁の配置や仕様変更時も再計算の手間なく実行。耐震性の高さを視覚的に伝える帳票作成にも対応してい ます。

構造強度の指標に。柱・壁の直下率を試算

基本入力後に、すぐに上下階の柱と壁の配置位置から構造的な合理性を自動判定。事故や不備を未然に防ぐ指標の判断ツールとして役立ちます。結果をプレゼンボードして直下率チェック図として出力できます。

伏図を3D表示。寸法・設置高の確認・変更も容易

伏図入力画面と連動する軸組みの3Dを表示。3D上をマウス操作で拡大・縮小、回転しながらあらゆる方向から確認でき、部材のサイズ変更も行えます。縦方向の取り合いなども容易に把握できます。

平面詳細図と連動。トラブルを軽減

仕上表は、ホルムアルデヒド対策や開口部の耐火性能表示用に対応。建具表は、ガラス種類なども設定でき姿図に出力もできます。仕上表、建具表は平面詳細図とも連動しており、図面の修正内容は自動で各表に反映されます。


平成28年省エネ基準に対応。外皮面積、UA・ηAC・ηAH値を判定

プランと屋根などの入力情報から「外皮の熱性能」を計算できます。建築地から地域区分を判定し、断熱位置や断熱仕様などを対話式で簡単入力。UA値・ηAC値・ηAH値は、リアルタイムに判定し、3Dで各部位の面積の確認を行います。

申請用の各種図面・図書を出力でき、一次エネルギー消費量を算定までもサポートします。お施主様向けの提案ボードのテンプレートを搭載しています。

部屋名・広さからシンボルを自動配置

プラン図の部屋情報をもとに、必要なシンボルと配線を配置。手動配置はもちろん、予め設定した情報をもとに、階層ごとや部屋ごとに自動配置。シンボルを配置すると近くの壁を認識、向きを自動判別。自動配置するシンボルは自社仕様にカスタマイズできます。

給排水の各種管配置や数量拾い出しまでも実行

プラン図と外構図の情報をもとに給水管・汚水管・雑排水管・雨水管を配置します。給排水設備の数量を拾い出し、CSV形式で出力できます。給排水衛生設備図として図面や画像で出力できます。

プランニング工程で法規を考慮

基本入力内容をもとに、換気や排煙、斜線制限などの考慮を部屋ごとにチェックし、表情マークで判定します。3D表示による斜線制限の確認も行え、不備の箇所を早期に発見でき、効率よく設計工程につなげられます。

書類テンプレート搭載。申請書作成までも支援

確認申請用の図面はもちろん、申請書の作成もサポート。確認申請書や計画通知書の雛形に入力するだけで書類が完成します。入力箇所は、色別で表示し、引用や一覧から選択するなど入力を軽減する機能を搭載しています。

数量を自動で拾い出し。3Dで対象箇所を一目で把握

入力済みのデータをもとに、面積や部材など各種数量を自動で拾い出し。数量算出項目を3Dや平面で見える化し、選択した部材をビジュアルで確認できるほか、あわせて計算式も表示するので、見積もり業務で活用できます。

入力済みのプランから見積もりを自動作成

入力済みのプランや屋根のデータとあらかじめ登録されている積算仕様をもとに金額を表示。積算結果からマスター登録も行えます。積算結果は、見積書や発注書、明細書などとして、Excel形式で出力でき二次利用にも便利です。