結ネット地域ICTプラットフォームサービスアプリ

住民・町会・自治体をつなぐ情報の架け橋
ICTで地域づくりをバックアップ

地域ICTプラットフォームサービス「結ネット(ゆいねっと)」は、町内会等の地域組織において、平常時は地域等の電子回覧板や自治体・店舗からの情報発信ツールとして利用し、災害時には安否確認システムとして活用できるスマートフォンアプリです。
「クラウド型町内会運営システム」、「地域事業者リアルタイム情報発信システム」、「災害時の安否確認システム」の3システムを統合したクラウド型ポータルサービスです。

普段使いの暮らしの便利アプリ「結ネット」
もしもの災害時は安否確認ツールに変身

平常時

町内会運営

必要な情報をいつでも、どこからでも確認。
回覧板や行事出欠の負担を軽減

平均でも500人、大きいところでは2,000人を超える町民で構成される任意団体「町内会」の運営を、インターネットを通じて効率的に行うアプリ「結ネット」。
各種案内の告知や保管、行事等の出欠確認や回答、これまで回覧板や電話等で行っていたやり取りを結ネットがサポートします。町民である利用者は、スマホやタブレットでいつでもどこからでも情報を受信。スマホ等ならではのプッシュ型配信で閲覧率が向上します。
結ネット内に、情報は蓄積されていくので、過去の情報や案内を見返すことができることはもちろん、記録としていつでも確認できます。
新しい町民会員も結ネットが暮らしをサポートするため、初めての地域への不安感も払拭され、定住も期待できます。

地域情報発信

企業や医療機関等からの情報発信。
事業者との連携でさらなる地域活性化

町内の企業や医療機関、小売店、生産者等の事業者が、直接、町民に有益な情報を配信できる仕組みも結ネットに追加できます。
情報発信元の事業者は、自社のWEBサイトやSNSでの情報発信とは異なり、最寄りの狭いエリアのお客さまにダイレクトに広告宣伝が行え、町内活動にも参加することで社会貢献にも繋がり、求人活動等にも活かされます。情報受信側の町民は、身近な有益な情報の入手が容易で、町内活動を共にしている企業の評価も高くなることが見込めます。
また、事業者協賛で町民の費用負担の軽減にも繋がります。

災害時

町内会の重要な役割を支援する。
もしもの時の町民の安否確認

町内会の重要な役割である「災害時の町民の安否確認」をICTで支援する仕組みを結ネットは備えています。
もしもの災害発生時、管理権限のある町会長の「非常事態宣言(結ネットの災害モードをON)」の発動により、結ネットは平常時の「町内会運営システム」から「災害時安否確認システム」に自動で切り替わります。平常時と災害時を合理的に包含するシステムにより、よりスムーズで的確な運用を結ネットは実現しています。
プッシュ配信、地図連動、写真・音声・動画の添付など、スマホやタブレットの特性をフル活用することにより、最小限の手間で、最大かつ正確な情報の発信と共有を実現します。

結ネットのバックアップにより、
支援先を見える化できる

結ネットの環境がない方や、結ネットを利用できない方(避難行動要支援者など)の安否確認は、予め決められた支援担当が確認する方法でシステム化し、もしもの時に備えます。
管理権限のある町会長や役員は、結ネットの利用の有無を予め確認できるため、利用していない町民を見える化でき、予め支援計画の策定を進めることができます。
また、平常時の高齢者の「見守り」支援にも活用が見込まれます。

自動翻訳機能が外国人の方の町内会参加をアシスト

利用者の端末の言語設定にあわせて、結ネットの画面周りや記事内容を自動翻訳されます。
16か国(日本語、英語、簡体中国語、繫体中国語、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、マレー語)のネイティブ言語に対応しています。
結ネットは、外国人の方の町内会への参加をアシストします。

PAGE TOP