新着情報

HOME > 新着情報 > 建築3次元CAD「A's Ver.2」2019年1月29日リリース

2019.01.25
手間なし、スピードよし、クオリティよし!満足をグッと高める
建築3次元CAD「A's Ver.2」 2019年1月29日リリース

株式会社シーピーユーは、建築3次元CAD「A's(エース)」の平成最後のバージョンアップとなる、より便利に進化した新バージョン「エース Ver.2」を2019年1月29日にリリースいたします。

現在の日本は、少子高齢化による労働生産人口の減少に直面しており、従業員の生産性を上げることが大きな課題となっています。生産性を向上する一部には、短時間で成果を創出したり、無駄な時間や余計な手間をかけずに質の高い内容のアウトプットを出したりすることが求められています。

また、住宅建築業界では、国が推進する「エネルギー基本計画」においてZEH※1支援が普及しています。しかし、一般社団法人環境共創イニシアチブの「ZEH支援事業 調査発表会2018資料」によるとZEHビルダーの多くが社内体制や顧客対策の不足を理由にZEH普及目標が未達成であることから「自社のZEH仕様の設定」や「施主へのZEHメリットの訴求」が課題となっています。

エース Ver.2では、“手間なし、スピードよし、クオリティよし”の三拍子揃ったCADとして、手間や時間をかけずに、手間や時間を費やしたような質の高いアウトプットを実現し、建築業の方における住宅のプレゼンや設計業務をサポートします。

※1:ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性能を向上させ、高効率な設備の導入により快適な室内空間を維持し、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロ以下とすることを目指した住宅です。

業界初!ZEH仕様検討のお悩み即解決

建産協(一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会)が発行しているテキスト「ZEHのつくり方」より「地域別ZEH基準適合仕様例」を収録しました。自社仕様が定まっていない場合であっても、「外皮性能計算」に搭載されている地域別ZEH基準適合仕様例から、地域等で絞込選択するだけで、断熱材仕様や熱貫流率等を自動選択し、外皮性能計算を実行。この「地域別ZEH基準適合仕様例」を建築CADに実装したのはエースが初となります。
一次エネルギー消費量も国立研究開発法人建築研究所提供「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)」とAPI連携し計算できます。

陰影の柔らかいパースを生成

レンダリング方式に新たに「V-Ray」を搭載し、複雑な設定なしで生成するパースに窓から射し込む光や照明を自然で柔らかに描写します。陰影により空間に表情が生まれ、写真と見間違えるような訴求力の高い、パース表現が簡単に行えます。

より手軽に身近になったVRで全棟VRプレゼンを実現

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)による本格的なVR提案がより手軽に、身近に実現できます。
3Dパースで表示しているデータを瞬時にVR用データに変換します。ビューアー「A's VR Player」で読み込み、VRモードに切り替えるだけで、HMDを通じてあっという間に360度に広がる奥行感のある空間を再現します。
季節や時間経過を追った太陽光シミュレーションや素材の張り替えにも対応しています。

発売日 2019年1月29日(火)
価 格 エース Ver.2  500,000円(税別)~
※「基本システム」をベースにお好みのアプリケーション(機能)・オプションを追加いただけます。
※オプション「V-Ray(150,000円)」および「A’s VR(500,000円)」をご利用いただくには「3Dパース」を含むシステム構成が必要です。
詳 細 A’s(エース)公式サイト