新バージョン情報A's2021 NEW RELEASE

物件データをクラウド上で管理
テレワークや災害対策としても活用可

物件データをクラウド上で管理するシステムです。使用者のIDは自社で発行でき、ログイン状態も確認できます。データは常に最新のものが保持されるため、他部門間でデータを共有する際も圧縮・解凍などの手間が省け、先祖戻りの心配も無くなります。データにはインターネット環境があればどこからでもアクセスでき、テレワークやリモートワークに活用可能。万一の災害時でもデータは安全に管理されるため、BCP(事業継続計画)対策としても有効です。

使用者のID発行や組織・職種等の管理は総合管理システム上から行えます。管理者が総合管理システムにログインし、IDを発行したいユーザーの組織名、職種名、使用者名、パスワード等を設定し、使用者IDを発行します。発行完了後は、IDとパスワードを伝えることで、ユーザーは物件管理クラウドにログインできるようになります。また、使用者IDを発行したユーザーに管理者権限を与えることもできます。

木造住宅倒壊解析wallstatと連携
耐震性をビジュアルでアピール

エースの入力情報をチェックし、木造住宅倒壊解析ソフトウェア「wallstat(ウォールスタット)」に読み込みます。wallstat では、地震発生時の損傷状況や倒壊過程を動画でシミュレーションでき、設計段階での検討はもちろん、耐震性の高さを分かりやすく営業段階でアピールできます。

木造住宅倒壊解析ソフトウェア
「wallstat(ウォールスタット)」とは

京都大学生存圏研究所准教授の中川貴文氏が開発した木造住宅の倒壊解析ソフトウェアです。
過去に発生した大地震の地震波を建物データに与えることで、大地震時の損傷状況や倒壊過程を動画でシミュレーションできます。

目標設定で均一化を実現
ナビゲーションツールがアシスト

長期優良住宅やフラット35等、目標とする基準を予め設定でき基準達成に向けた設計を実現します。目標基準ナビゲーションツールで項目ごとにクリア基準を可視化し、判定できます。チェックリストとしての活用で業務平準化が期待できます。

マスター登録で設計の標準化
建具部材指定でプランニングを効率化

自由なプランニングを支援するために、豊富に搭載されている建具部材。使用頻度の高い部材を予め指定し、プランニングすることができます。自社仕様をマスター登録しておくことで、入力の効率化と設計の標準化が期待できます。

クローゼットや壁面の棚板を簡単配置
寸法等の仕様登録でマスター展開

クローゼットの棚板やウォールシェルフを種類や厚み、設置高、間隔、奥行きを指定し配置できます。複数の棚板も一度に配置できます。使用頻度の高い仕様をパターン登録すれば、社内にマスター情報として展開でき設計の標準化をアシストします。

メーカー建具を約33,300点追加
搭載済みの建具全てが積算と連動

約33,300点のメーカー建具(LIXIL、YKK AP、三協アルミ、ノダ、Panasonicの外部・内部・玄関建具)を追加しました。
建具の搭載データが大幅に増え、合計で約50,000点となります。すべての建具が積算まで連動し、メーカー建具は定価を初期登録済み。もちろん自社の販売単価も設定でき、積算業務の省力化にも繋がります。

配置チェック項目を拡充
重なり配置や勝ち負け設定の確認が容易

配置チェックダイアログから部材同士が重なって配置されていないか、勝ち負け設定がされているかなどをチェックできます。NG箇所はチェックリストを見ながら編集ができ、wallstat連携の事前確認がしやすくなります。

ポーチやテラスも登録
サイズパターン選択で入力工程省略

ポーチやテラスのサイズパターンを登録できるようになりました。登録したパターンの一覧から選択し、配置できます。標準サイズは予めパターン登録済みです。追加登録したパターンは別の環境にコピーし使用でき規格化をバックアップします。

組み合わせ窓のバリエーションが充実
建具姿図の強化で図面表現アップ

「引き違い+下部FIX」、「FIX+片引き+下部FIX」、「縦すべり出し窓+下部FIX」など、組み合わせサッシ17種を追加し、意匠設計や通風計画の幅が広がります。
また、メーカー建具等のテクスチャを用いた建具が姿図に対応し、図面表現が向上しました。

※枚数、サイズにより様々なパターンがあります。

テクスチャ建具が姿図に対応
出力図面は他2次元CADでも確認可能

テクスチャ建具が姿図に対応し、図面上でどの建具が配置されているかを確認しやすくなりました。
詳細情報設定でテクスチャ柄と姿図の切り替えができるほか、出力図面はDXF形式などで保存することで、他の2次元CADでも開くことができます。約30,000点の玄関建具・内部建具に対応しています。

編集情報を保持して再作成
再入力の手間を省き作業時間を短縮

「更新」アイコンが新設され、積算実行で作成された明細の編集情報を保持して詳細積算を再作成できるようになりました。編集箇所の再入力の手間を省き作業時間の短縮に繋がります。積算実行アイコンをクリックした場合は、編集情報をすべて破棄して詳細積算を再作成します。

壁付手摺の支え表現を変更
現在主流のL型ブラケットに

従来バージョンでは円柱形の手摺支えを現在主流となっているL型ブラケットに変更しました。ブラケットの色は自由に変更できるため、壁や階段の色・デザイン等に合わせて調整することも可能です。

階段・腰壁・ポーチの手摺種類を追加
幅広いデザインの表現に対応

腰壁・階段に「ワイヤー手摺」、「フレームレスパネル」の2種類を追加。また、ポーチには「フラット手摺横格子(1段・2段)」、「丸形手摺横格子(1段・2段)」の計4種類を追加しました。より幅広いデザインの表現が可能となりました。

バルコニー手摺を6種類追加
意匠表現の幅がさらにアップ

「横格子ルーバー」、「縦スリット持出」、「シースルーパネル」、「粗目横格子」など計6種を追加しました。
意匠表現の幅がさらに広がり、外観パースのクオリティをアップできます。

横格子ルーバー

シースルーパネル

粗目横格子

縦スリット持出

シースルーパネル持出

粗目横格子持出

タカラスタンダードの設備部品や
mmisのデザイナーズ家具部品を追加

上質な暮らしを提案する水回り専業メーカーのタカラスタンダードから、キッチン・洗面台等の設備部品86点と、インテリアのトータルコーディネートを手掛けるmmisから、テーブル・椅子等のデザイナーズ家具部品67点を追加しました。

カテゴリ部 品点 数
タカラスタンダードキッチン56
洗 面13
トイレ10
バ ス7
mmis家 具65
収納家具4
置 物2

オリジナルWEB部品に置物等を追加
高品質CGで豊かな空間を演出

高品質な置物・家具等の3次元部品を56点追加しました。
豊かな生活シーンを演出でき、パースのクオリティのアップにつながります。お施主様に暮らしのイメージを沸き立たせるきっかけになります。

部 品点 数
置 物44
家 具5
照 明2
洗 面2
玄関キャビネット1
食器棚1
トイレ1

V-Rayレンダリングが条件指定可能に
好みのサイズや陽光表現の出力に対応

V-Rayレンダリングの開始前にダイアログが表示され、パースのサイズや出力形式、陽光表現の種類などを選択できるようになりました。デザインに合わせて暖かみのある空間や落ち着いた空間など、表現に厚みを持たせることができます。

壁量計算対象の面積係数を指定
部材配置状況や判定もすぐに識別

壁量の計算対象とする区画追加で面積係数(1倍・0.4倍・0倍)を指定できるようにしました。また、壁量チェックの入力画面では、耐力壁線や1/4ライン、床倍率検討の存在床倍率、必要床倍率を表示し、OKやNGの判定もすぐに確認でき、作業効率の向上に繋がります。

さらに、N値計算の耐力壁要素に、「壁量検討用」と「N値計算用」の倍率を別々に定義し計算できるように面材編集を改善しました。また、制震ダンパー等の登録も想定し、筋違のユーザー定義にも対応しました。

床下換気計算表の設定を改善
基礎パッキンロングに対応

床下換気計算に基礎パッキンロング表を追加しました。パッキンロングの長さや基礎外周長等から有効換気面積判定が行えます。基礎部材で基礎パッキンロングを配置している場合、床下換気計算表設定の内容が反映されます。

オートプレゼンテーションの利便性向上
項目の追加と設定値の視認性アップ

A’sのオートプレゼンテーションでA’sデザイナーと連携する際、レンダリング方式と出力画像サイズも設定できるようになりました。また、設定値や対象となる画像のページレイアウトなども確認できます。設定値はプリセット登録でき、プレゼンボード作成の効率化に繋がります。

高品質なパースをより簡単に作成
パターンの標準化でセンスの均一化

A’sの3DパースからA’sデザイナー The Effectに外観を出力する際、パースの品質を高める背景や前景、窓画像、グラデーションを自動設定できるようになりました。自動設定を標準化することで、センスを問わず同じ効果を施すことができます。

オリジナルテンプレートを簡単作成
企業や提案プランをより印象付ける

プレゼンボードのテンプレートは豊富に搭載されていますが、オリジナルテンプレートを簡単に作成できるようになりました。オリジナルテンプレートを利用することで、企業と提案プランをリンクして印象付けることができます。さらに、個々のセンスに偏らない、統一フォーマットの導入が容易です。

プレゼンボードを幅広く活用
内覧会用チラシテンプレートを搭載

プレゼンボードのテンプレートにチラシテンプレートを新搭載。自動レイアウト機能を使えば、プレゼンボートと同じようにパース等は自動配置でき、枠に応じて必要なテキストを追加するだけで、クオリティの高い完成見学会用チラシを短時間で作成できます。

プレゼンボードでWEB用画像を生成
SNSによる集客をアシスト

プレゼンボードのテンプレートにWEB 広告用を新搭載。テンプレートからのプレゼンボードを作成する操作で、Instagram用の画像を簡単に生成できます。
WEB 広告用の用紙設定にも対応しました。完成見学内など集客やPRとしてのSNS の運用をアシストします。

作成サイズ用途
mmピクセル
286×357mm1080×1350pxInstagram
286×150mm1080×566pxInstagram
286×286mm1080×1080pxInstagram
169×95mm640×360pxTwitter

Meta Cabinetに曜日フォルダを追加
内覧会用テンプレート作成の一助に

Meta Cabinetに曜日フォルダが追加され、英語9点、漢字15点の曜日アイコンを挿入できるようになりました。内覧会用のチラシテンプレートやInstagram配信向けテンプレートのカスタマイズ、さらにはオリジナルテンプレートの作成などに利用できます。

1F用窓画像と前景影を追加
クオリティを高め、時短になる素材多数

1階用の窓画像64点と搭載済みの前景に合わせた前景影10点を追加しました。パースやプレゼンボードをより短時間で質を高めることができ、表現の柔軟性も向上しました。

PAGE TOP