CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 

質問
外張断熱(付加断熱)の場合の断熱仕様を設定したい
既定の面積比率を用いる設定で、「軸組構法 外壁 充填+外張り断熱 縦下地」を選択して構成を設定したいが、どのように設定したらよいでしょうか


回答
 
外壁一般部のシステム定義に登録されている「外壁 高性能グラスウール16K 105+50o」の断熱仕様を例に、各部の設定を説明します。

「外壁 高性能グラスウール16K 105+50o」では、規定の面積比率を用いる構成で「軸組工法 外壁 充填+外張断熱 縦下地」を選択しています。


「軸組工法 外壁 充填+外張断熱 縦下地」では、面積比率が異なる@充断+外断、A充断+外下地、B構造+外断、C構造+外下地の4つの断面構成に分かれます。

それぞれの断面を構成する各部分の略称は、充断:充填断熱材、外断:外張付加断熱材、外下地:外張付加断熱層内熱橋部、構造:構造部材等(柱、間柱、筋違等の熱橋部)です。
それぞれの断面構成に対応する位置は、以下のようになります。

「外壁 高性能グラスウール16K 105+50o」における各部分に対応する部材は

 充断 ⇒高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:105mm)
 外断 ⇒高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:50mm)
 外下地⇒天然木材(厚さ:50mm)
 構造 ⇒天然木材(厚さ:105mm)

となり、面積比率が異なる断面に対応する位置で構成される材料は

@充断+外断 :せっこうボード、高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:105mm)、
        高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:50mm)
A充断+外下地:せっこうボード、高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:105mm)、
        天然木材(厚さ:50mm)
B構造+外断 :せっこうボード、天然木材(厚さ:105mm)、
        高性能グラスウール断熱材 16K相当(厚さ:50mm)
C構造+外下地:せっこうボード、天然木材(厚さ:105mm)、天然木材(厚さ:50mm)

となります。
せっこうボードはすべての部分に共通で含まれます。
※せっこうボードなどの内装下地材は、横架材間(土台を含む)に隙間なく施工した場合に限り、算入することができます。

この「外壁 高性能グラスウール16K 105+50o」と似た断面構成で、この仕様を利用して独自の断熱仕様を登録したい場合は、この仕様を複写してユーザー定義に追加し、断熱仕様名を変更の上、内容を編集してご利用ください。
構成材料の変更等の内容の編集方法をについては、こちらをご覧ください。
断熱仕様を追加する方法は?
また、独自の断面構成で新しく設定したい場合も、上記の「断熱仕様を追加する方法は?」をご覧ください。

【参考】
柱・間柱間断熱(充填断熱)+外張付加断熱の場合、規定の面積比率を用いる構成は、付加断熱層内の熱橋部が横下地と縦下地の場合があり、それぞれの断面構成の面積比率が異なります。

 
【出典】
一般社団法人 日本サステナブル建築協会「住宅・建築物 省エネルギー基準」
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。