CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 

質問
計算モードに「通常モード」と「簡単モード」がありますが、どのように違うのでしょうか?


回答
 

外皮性能計算では、外皮の断面構成の計算方法が異なる2つのモード「通常モード」と「簡単モード」を用意しています。

通常モード:外皮の断熱構成を詳細に分けて計算し、厳密な外皮性能を計算するモード
 外壁は、一般部・階間部・横架材部を区別して計算や設定を行います。
 また、床や天井の高さは、各部屋毎の高さを用いて計算します。

簡単モード:外皮の断熱構成が同じであることを前提で、外皮面積を細かく分けずに計算するモード
 外壁は、部分毎に細かく分けずに、すべて一般部として階毎に計算や設定を行います。
 また、床や天井の高さも、各部屋毎の高さではなく基準高さを用いて計算します。

【参考】
「通常モード」と「簡単モード」のそれぞれの詳細な違いについては、以下のPDFファイルをご参照ください。
外皮性能計算「通常モードと簡単モードの違い」(PDFファイル)

作成中の物件で、初めて外皮性能計算を開いた時には、計算モードガイドの画面が表示され、現在の計算モードの確認と、計算モードの変更ができます。


外皮性能計算を起動中には、現在選択している計算モードおよび、計算モードの変更は、「設定(S)」メニューの「計算モード(S)」で、確認または変更ができます。


色が付いた太い枠線で囲まれている方が、現在選択しているモードになります(下記の画像は、簡単モードが選択されている状態です)。

【注意】
外皮性能計算の操作中に計算モードを変更した場合、それまでの計算モードで編集した内容はすべて初期化されます。
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。