CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 

質問
追加登録した材料や設定したユーザー定義の仕様を、別のパソコンでも使用したい


回答
 

外皮仕様設定ツールで追加したユーザー定義の情報は、エクスポートにより、名前を付けて保存し、取り出すことができます。
エクスポートにより取り出した情報のファイルを、USBメモリなどを利用してコピーし、別のパソコンでインポートから取り込みます。

【操作手順】


■エクスポートする
@ 「外皮仕様設定ツール」を開く

A 「エクスポート」をクリック


「外皮仕様設定ツールのすべてのユーザー定義の設定をエクスポートします。よろしいですか?」と確認メッセージが表示されます。

B 確認メッセージで「OK」をクリック


エクスポート先を指定するウィンドウが表示されます。

C ファイルを保存する先を指定し、ファイル名を決めて「保存」をクリック


保存先・ファイル名は初期値のままでもかまいません。指定した保存先に、espファイルが保存されます。 初期の保存先は、「AD1」フォルダ→「EXES」フォルダ→「ECO」フォルダとなっています。

保存されるファイルは部材設定圧縮ファイルとなり、拡張子は「.esp」となります。

【参考】
エクスポートでは、外皮仕様設定ツールで追加したすべてのユーザー定義の情報が保存されます。
  
作成した圧縮ファイル(espファイル)を、別のパソコンに移行します。


■インポートする
@ 取り込みたいパソコンで、外皮仕様設定ツールを開く

A 「インポート」をクリック


「外皮仕様設定ツールのすべてのユーザー定義の設定をインポートします。既に存在するユーザー定義はすべて破棄されます。よろしいですか?」と確認メッセージが表示されます。
B 確認メッセージで「OK」をクリック


インポート元を指定するウィンドウが表示されます。
C エクスポートした圧縮ファイル(espファイル)の保存先を指定し、ファイルを選択し、「開く」をクリック


エクスポートしたユーザー定義の情報が読み込まれます。

[注意]
外皮仕様設定ツールで、エクスポートにより保存したすべてのユーザー定義の情報に置き換わります。
取り込みたいパソコンで追加していたユーザー定義の情報は、すべて破棄されます。


また、マスターインポートエクスポートツールを利用して、外皮仕様設定の情報および部材一括変更で登録したユーザー仕様を、別のパソコンに移行することもできます。

マスターインポートエクスポートツールを利用した移行方法につきましては、こちらをご覧ください。
追加登録した仕様を、別のパソコンでも使用したいA
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。