CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
ロフトを入力したい。


回答
 
ロフト入力サンプルをもとに説明します。
ロフト区画は、天井高「1200」に固定するものとして入力します。
  サンプルダウンロード:ロフト入力サンプル.bkb(282KB)
サンプルは、MADRIC・AD-1 Ver.9で作成したものです。
※プレゼン(内観パース)を想定した入力方法をご案内しています。壁量チェック等の対応方法に関しては、お問い合わせください。
[操作手順]
◇間取り
2Fのロフト配置区画は、すべて天井高を「+1200」に変更します。
こうすることで、小屋裏として天井高が1200mmに固定された状態で、屋根形状に合わせて勾配なりに自動作成されます。

@メインメニュー(高さ設定)をクリックしたあと、(一覧)をクリック。
A「天井高」を「3600」に変更。
 
◇ロフト床
(プラン図)をクリックしたあと、 (内観部品) をクリック。
A(カウンター)をクリック。※ダイアログが表示されます
Bカウンターの設定を以下のように指定し、「OK」をクリックし、カウンターを配置。
・奥行きを「1820」
・厚みを「170」
・高さを「2200」
Cロフト空間の下の部屋「収納」の壁が飛び出ないように、
壁属性を「腰壁」に変更し、ロフトの厚み(上記カウンター厚み170mm)を引いた壁高を「2030」に変更

 
◇はしご部品
@(置物)をクリック。
AWeb部品の「ロフトはしごA_12段(手摺有)」を選択。
※Web部品を利用するにはソフトウェア保守のご加入が必要となります。


B「OK」をクリックし、以下のように配置。

 
◇ロフト手摺
ロフトの手摺を付属品の「スリット」をつかって入力します。
(付属品)をクリックしたあと、 (スリット) をクリック。 ※ダイアログが表示されます
Aスリットの設定を以下の内容に指定し、「OK」をクリック。
 [スリット]
・「縦格子」を選択
・スリット上端高を「2600」
・スリット下端高を「2200」
・スリット幅を「50」
・スリット奥行を「50」
・スリット間隔を格子ピッチで「300」
 [笠木]
・「笠木を付ける」にチェック
・笠木幅を「35」
・笠木奥行を「70」
・笠木端部延長を「47」
 [支柱]
・「支柱を配置する」にチェックなし
 [配置]
・配置基準を「床」
・配置位置を「スリットを芯に配置する」
※上記設定はあくまで一例です。ダイアログの挿絵の説明を参考に、実際のデザインにあわせて指定してください。
B以下のように配置する。

*ロフトの完成です。
[完成イメージ]

※ロフト床(カウンター)の色は、内観パース図「部材色変更」で変更したものです。
【参考】
スリットの設定に名前をつけて管理し、あとから登録パターンを呼び出して利用することができます。
詳しい使用方法は、こちらをご覧ください。

スリットの設定を登録する方法について
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。