CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
Windows 8で、コントロールパネルを開くには?

 


回答
 
Windows 8 環境では、デスクトップ画面にスタートボタンが存在しないため、コントロールパネルなどを開く方法が、他のOSと異なります。
Windows 8 環境でコントロールパネルを開くには、複数の方法がありますが、そのうちのいくつかを紹介します。


■デスクトップ左下で右クリック
@ デスクトップ画面でマウスカーソルを左下の隅に合わせると、スタート画面を表示するためのパネルが表示されます。
 ⇒ 
A この状態で右クリックすると、メニューが表示されます。


メニューから「コントロールパネル」をクリックします。
B コントロールパネルが表示されます。
[参考]
この方法で、コントロールパネルの他にも「デバイスマネージャ」や「タスクマネージャ」などを開くことができます。


■キーコマンドを利用する
Windowsでは、キーボードの特定のキーを組み合わせて押すことで、様々な処理を行うことができます。
ここでは、Windowsキーを利用してコントロールパネルを開く方法を紹介します。

[参考]
Windowsキーとは?
一般にキーボードの左下にあり、CtrlキーとAltキーの間にあることが多い。Windowsキーのみを押すと、スタートメニューまたはスタート画面が開く。次のようなデザインのキー。
   
●Windowsキー+ I
デスクトップ画面でWindowsキーを押しながらアルファベットの「 I 」キーを押すと、画面右側に「設定」に関するパネルが開きます。
ここから、コントロールパネルを選択できます。
●Windowsキー + X
Windowsキーを押しながらアルファベットの「 X 」キーを押すと、画面の左下にメニューが表示されます。
これはデスクトップの左下で右クリックしたときと同じメニューで、ここからコントロールパネルなどを選択できます。

 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。