CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
屋根面を入れ直すことなく、軒の出やケラバの出を調整したり、形状を変形させたい。

 


回答
 
屋根伏図で屋根を作成した後、軒の出やケラバの出を変更したり屋根面の形状を変更するには、「面変形」を利用します。
面変形を利用することで、屋根面の一部をカット(削除、短縮)したり、追加(延長)でき、再作成する場合の面設定を行う手間を省略することができます。
 
ここでは、切妻屋根の軒の出を延長(追加)し、ケラバの出を短縮(カット)する操作を例に、面変形の操作手順を説明します。

例)
  ⇒ 
 軒の出・ケラバともに455mmの切妻屋根を、軒の出600mm・ケラバの出300mmに変形する

■面変形 追加線
@ (面変形)をクリックし、(追加線)をクリック。

*あらかじめ、下書き線で軒の出・ケラバの位置を作図してあります。
A 配置モードで、(矩形配置)をクリック。


*変形する屋根の形状によって、(多角配置)を利用してください。
B 軒の出を延長する範囲を、矩形範囲で指定。


C 同様に、反対側の軒の出も追加。
   

■面変形 カット線
@ (カット線)をクリック。
A 配置モードで、(矩形配置)をクリック。
B カットするケラバの範囲を、矩形範囲で指定。
     
*カット範囲が複数の屋根面にかかる場合は、どの屋根面をカットするかを指示します。
C 同様に、その他の屋根のケラバもカット。
   
  [参考]
面変形のカットで、複数の屋根面をまとめてカットするには、Ctrlキーを押しながら範囲を指定します。
 ⇒ 
  

[注意]
自動作成でできる屋根形状であれば、すべて削除して自動作成し直す方が早い場合があります。
面変形を利用するか自動作成し直すかは、作成する屋根形状にあわせてご判断ください。
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。