CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
作図した補助線を伸縮させたい。

 


回答
 
作図した補助線が短いため他の補助線に届かず、交点が取れない場合などに、作図済みの補助線を伸縮させることができます。
次に紹介する補助線の伸縮機能は、「プラン図」「屋根伏図」「外構図」「天井伏図」など補助線を作図できるすべてのアプリケーションで利用できます。

■補助線の「伸縮」操作手順
@ 作図した補助線を要素選択。
A 右クリックし、「伸縮(S)」を選択。
B 伸縮させる側の端点の近くでクリック。
  
*クリックすると、×が矢印に変化します。
C 伸縮後の端点位置にあわせてクリック。

*補助線が伸縮されます。
[参考]
屋根伏図では、補助線の他に「下書き線」についても、同様の操作で伸縮させることができます。
 

■外構図での補助線延長 操作手順
外構図では補助線の延長・短縮操作について、上記の「伸縮」機能以外に「線分延長」「端点合わせ」「延長・短縮モード」の機能があり、それぞれ次の手順で操作できます。
●線分延長
@ 作図した補助線を要素選択。

*複数の補助線を選択し、まとめて処理することもできます。
A 右クリックし、「線分延長(L)」を選択。

*複数の補助線を選択している場合は、右クリック後「補助線」→「線分延長(L)」の順に選択。
B 補助線を延長(短縮)させる位置を、起点-終点で2点指示。



*指示した位置まで、補助線が延長(短縮)されます。
 
●端点合わせ
@ (配置補助)をクリックし、(端点合わせ)をクリック。
A 作図した補助線のうち、端点合わせを行う2本を順にクリック。
  
*端点がつながります。
 
 
●延長・短縮モード
@ (配置補助)をクリックし、(延長・短縮モード)をクリック。
A 「延長長さ」に目的の長さを入力。

*マイナスの値を入れると、短縮になります。
B 延長(短縮)させる補助線の端点の近くでクリック。



*指定した値で、延長(短縮)されます。
 

 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。