CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
Webダウンロードを実行しても処理されない。
ファイアウォールの影響を受けて正常に動作しない。

 


回答
 
Webダウンロードで部品のダウンロードを行うとき、正常に処理されない場合は、ファイアウォールの影響を受けている可能性があります。
ファイアウォールには、「Windowsファイアウォール」としてOSに実装されているものと、ウイルス対策ソフトなどに搭載されているものなどがあり、設定手順もそれぞれで異なりますが、目的や動きとしては同じです。
このFAQでは、Windows7およびWindowsXPにおける「Winodwsファイアウォール」の設定について説明します。
Windows8での方法は、こちらをご覧ください。
ファイアウォールの影響でWebダウンロードができない(Windows8)

■基本

ファイアウォールにより外部との通信が遮断(ブロック)されると、Webダウンロードができませんので、Webダウンロードに関する通信を許可するようにします。
Webダウンロード実行時に下記のようなファイアウォールに関する確認メッセージが表示されたら、「アクセスを許可する」あるいは「ブロックを解除する」などを選択するようにします。
[Windows7]
[Windows XP]
    
[参考]
Windowsファイアウォール以外でウイルス対策ソフトなどのファイアウォールを利用している場合でも、同様に接続の確認を行うメッセージが表示されることがあります。その場合は、対象となるプログラムが「EEFileUp.exe(eefileup.exe)」であることを確認して、許可するようにしてください。
 

■詳細設定

Webダウンロードの実行時に確認メッセージが表示されない場合は、既に許可または拒否するように設定されている可能性があります。
この場合はファイアウォールの設定を確認し、対象となるプログラム(今回はWebダウンロードに関するプログラム「EEFileUp.exe」)の通信を許可するように設定します。
[Windows7]
@コントロールパネルを開き「システムとセキュリティ」を開く。
A「Windowsファイアウォールによるプログラムの許可」を開く。
B許可されたプログラムおよび機能の一覧に「EEFileUp.exe」が含まれており、チェックボックスにチェックされていることを確認。
C一覧に存在しない場合は、以下の手順で追加。
C-1 「設定の変更」をクリック
C-2 「別のプログラムの許可」をクリック
C-3 「参照」をクリック
   
C-4 参照から「EEFileUp.exe」を選択し「開く」をクリック
 
*Cドライブ→AD1フォルダ(AD1のインストール先フォルダ)→EXESフォルダから選択
C-5 「追加」をクリック
   
⇒許可されたプログラムの一覧に「EEFileUp.exe」が追加された状態で、Webダウンロードを試します。
[Windows XP]
@コントロールパネルを開き「セキュリティセンター」を開く。
A「Windowsファイアウォール」を開く。
 
B「例外」タブを開き、一覧に「EEFileUp.exe」が含まれていることを確認。
C一覧に存在しない場合は、以下の手順で追加。
C-1 「プログラムの追加」をクリック
C-2 「参照」をクリック
  
C-3 参照から「EEFileUp.exe」を選択し「開く」をクリック

*Cドライブ→AD1フォルダ(AD1のインストール先フォルダ)→EXESフォルダから選択
C-4 例外の一覧に追加された状態で「OK」をクリック
⇒Webダウンロードを試します。
[参考]
Windowsファイアウォール以外でウイルス対策ソフトなどのファイアウォールを利用している場合でも、通信を許可(拒否)するための設定・定義を行う設定があれば、「EEFileUp.exe」を許可するように設定してください。

 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。