CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

屋根伏図で竪樋を配置する方法を教えて欲しい。


回答
 
AD-1Ver.4.0から、屋根伏図に「竪樋」の機能が追加されました。
竪樋を配置する手順の概要は次のようになります。
[概要] 
(1)「軒樋」を配置
(2)「竪樋」を配置
(3)軒樋に「落し口」を配置
(4)落し口と竪樋を「呼び樋」で繋ぐ
[詳細手順]
(1)「軒樋」の配置 
@ (屋根化粧材)をクリックし、(軒樋)をクリック。
  

A 形状(丸型、角型1~3)を選択し、OKをクリック。
   

B 軒樋を配置。
 
(2)「竪樋」の配置 
@ (竪樋)をクリック。
  

A 種類(丸型、角型)とサイズを指定し、OKをクリック。
    

B 竪樋を配置。 
  
※上下階で配置済みの竪樋の位置にあわせて配置するには、配置モードを「竪樋指示モード」にしてください。 
[参考]
竪樋の配置モードについてはこちらをご覧ください。
1階と2階の竪樋が繋がらない
 
(3)軒樋に「落し口」を配置 
@ (落し口)をクリック。
  

A 種類(自在ドレン、集水器)を選択し、OKをクリック。
   

B 軒樋上に落し口を配置。 
[参考]
落し口形状の違い 
   
        自在ドレン                   集水器 
 
(4)落し口と竪樋を「呼び樋」で繋ぐ
@ (呼び樋・はい樋手動配置)をクリック。
  

A 配置済みの落し口、竪樋を順にクリック。 
  
ここまでの操作で、次のような竪樋になります。
  
 
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。