CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

スリットの設定パターンを登録して利用するには?


回答
 
プラン図の「スリット」は、様々な意匠の表現に利用でき、サイズやピッチなどの設定を登録しておくと、一覧から選択し、すぐに読み込むことができます。その都度入力する手間を省略でき、便利です。
また、初期設定でも次のようにいくつかのサイズのパターンが登録されています。
 
 
<スリットの設定を追加するには>
スリットの設定を追加する手順を、バルコニー手摺表現のパターンを例に説明します。
■スリットグループの追加
@[編集(E)]をクリック。
※「スリットグループ編集」が表示されます。
  
A[グループ追加(A)]をクリック。
  
Bグループ名を入力して、[OK]をクリック。(例:バルコニー手摺)
※スリットグループが追加されます。
■スリットパターン(名称)の追加
@スリット、笠木、支柱、配置、表現の各設定を確認。

A [追加(A)]をクリック。
※「スリット名称追加・変更」が表示されます。
  

B 登録するパターンの名称を入力し、[OK]をクリック。(例:横格子70@100
※スリット名称が追加されます。
 
次回以降、スリットグループとスリット名称を選択することで、設定パターンを呼び出し利用することができます。
 [参考]
  ※スリットの設定については、こちらをご覧ください。
「バルコニーの手摺を横格子としたい」
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。