CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

壁量チェックで、あらかじめ登録されている耐力壁面材のリストにないものを利用したい。


回答
 
AD-1の壁量チェックプログラムには、昭和56年建設省告示第1100号(および最終改正平成19年国交省告示第615号)等の規定に基づく種類・倍率の耐力壁面材をあらかじめ登録してありますが、それ以外で、大臣認定の製品やそれに沿った倍率の耐力壁を利用したい場合は、編集機能で追加登録していただくことができます。
【作業手順】
@ 壁量チェックの[設定]メニューから「壁材質の編集(K)」を選択
A ユーザー定義に切り替え、「追加(A)」をクリック
B 名称欄に追加する面材の名称を入力
C 倍率欄をクリックしてリストから面材の倍率を選択
※リストにない数値は、直接入力できます
D 必要に応じて「木ずり」「雑壁」をクリック
※追加する面材が木ずりや雑壁(準耐力壁)として利用する場合は、クリックして○をつけますが、通常は必要ありません
E OKをクリックし登録完了

壁材質の編集で追加した面材は、システム定義の面材と同様に利用できます。

【注意】
壁材質の編集で追加したユーザー定義の面材情報は、AD-1のシステムごとに記憶されます。ユーザー定義の面材を配置した物件データを別のシステムで利用する場合は、それぞれのシステム間でユーザー定義の内容を共通化してください。
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。