CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
DVDドライブがないパソコンにAD-1(EcoNavi)をインストールする方法を知りたい。


回答
 
AD-1(以下、EcoNaviを含む)をインストールして使用したいパソコンにDVDドライブがついていない、または故障して利用できない場合に、DVDを認識できる他のパソコンがあれば、そこからDVDの内容をコピーし、DVDを認識できないパソコンにAD-1をインストールするいくつかの方法があります。
<ネットワークを利用する方法>
AD-1をインストールするパソコンと、DVDを認識するパソコンがネットワークで繋がっている環境であれば、ネットワークを介してDVDの内容をインストールしたいパソコンで読み込むことができます。
※ネットワークが既に構築されていることが前提となります。
A.DVDドライブを共有し、他のPCで参照できるようにする
@ DVDドライブを右クリックし「共有とセキュリティ」を選択
※プロパティが表示されます。
A 「このフォルダを共有する」に切り替えて「OK」をクリック
B 他のPCのネットワークコンピュータから、共有されたDVDドライブを参照
C プログラムDVD内の「setup.exe」をダブルクリック
※インストールランチャーメニューが起動します。
※Ver5.0以前(EcoNaviはVer3.0以前)のDVDでは、[InstLaunch]フォルダの中にある「InstLaunch.exe」をダブルクリックしてください。
 
B.共有フォルダにDVDの内容をコピーして参照する
  @ AD-1をインストールするパソコンとDVDを認識するパソコンの両方から参照できる共有フォルダを確認
  A 書き込み許可と5.0GB程度の空き容量を確認
  B 利用可能であれば、共有フォルダに[AD1_DVD]というフォルダを作成し、その中にDVDの内容をすべてコピー
  C コピー終了後、AD-1をインストールするパソコンで共有した[AD1_DVD]フォルダを参照し、「setup.exe」をダブルクリック
インストールランチャーメニューが起動します。
※Ver5.0以前(EcoNaviはVer3.0以前)のDVDでは、[InstLaunch]フォルダの中にある「InstLaunch.exe」をダブルクリックしてください。
 
※共有フォルダの情報および設定変更の可否については、それぞれのシステム管理担当者にご確認ください。
<USBメモリを利用する方法>
  @ 5.0GB以上の空き容量があるUSBメモリを用意
  A DVDを認識するパソコンにUSBメモリを挿し、USBメモリ内に[AD1_DVD]というフォルダを作成
  B 作成した[AD1_DVD]フォルダにDVDの内容をすべてコピー
  C USBメモリを、AD-1をインストールするパソコンに差し替え、内容を開く
  D [AD1_DVD]フォルダ内の「setup.exe」をダブルクリックをダブルクリック
※インストールランチャーメニューが起動します。
※Ver5.0以前(EcoNaviはVer3.0以前)のDVDでは、[InstLaunch]フォルダの中にある「InstLaunch.exe」をダブルクリックしてください。
※USBメモリの代わりに、外付けのハードディスクを利用しても構いません
AD-1(EcoNavi)のインストールの手順は、こちらをご覧ください。
インストールの仕方・手順を教えて欲しい(Ver.7.0)
[EcoNavi]インストールの仕方・手順を教えて欲しい(Ver.4.5)
<補足>
DVDを認識するパソコンが他にない場合は、外付けのDVDドライブを準備(購入)し、インストールする方法もあります。
しかし、DVDドライブのないパソコンは、AD-1を快適に利用するために必要なスペックを満たしていない場合もあります。詳細については営業担当やサポートにお問い合わせください。
AD-1の推奨動作環境(スペック)はこちらをご覧ください。
AD-1の動作環境
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。