CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

AD-1をウイルスチェックの対象から除外したい(ウイルスバスター2010)。


回答
 
ウイルスチェックソフトのウイルス監視により、AD-1の動作に支障が生じる場合があります。
AD-1のフォルダをウイルス監視の対象から除外することで、現象を回避できる場合があります。
<ウイルス監視の対象から除外する手順(例:ウイルスバスター2010)>
@ ウイルスバスター2010を起動。
「ウイルス
/スパイウェア対策」をクリック 。
A 「ウイルス/スパイウェアの監視」の「設定」をクリック 。
B 「リアルタイム検索」をクリックし、右枠に表示される「詳細設定」をクリック
C 「特定のファイル/フォルダを検索対象から除外」の「選択」をクリック。
D 「フォルダの追加」をクリック。
E コンピュータの参照ダイアログからAD-1のインストールフォルダを選択し、「OK」をクリック。
  ※通常は、「C」ドライブ→「AD1」フォルダとなります。
※ご利用の環境に合わせて選択してください。
※インストール先がわからない場合は、以下の方法でご確認いただけます。
インストールされているAD-1のバージョンなどを確認したい

※AD-1のプランデータの保存先を変更している場合は、そのフォルダも同様に選択し、除外対象に含めてください。
F 選択したフォルダが追加された状態で「OK」をクリック。
G 順に「OK」をクリックし、ウイルスバスターを閉じる。
【参考】
「ウイルスバスター2010」以外のウイルスチェックソフトをご利用の場合は、それぞれのウイルスチェックソフトの説明書やホームページをご覧いただくか、各メーカーにお問い合わせください。
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。