CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
高さ設定でFLを指定・変更する方法を教えて欲しい。


回答
 
AD-1では、各階層のFLは床仕上天端(上面)の位置となります。
各階層の基準階高さに基準床高さを加えた値が、FL高さとなります。

上記の例では、
1階FLは、階基準(505)に基準床高(57)を加えた「562」
2階FLは、階基準(3515)に基準床高(77)を加えた「3592」
となります。
このうち、階基準(横架材天端)は直接数値を指定・変更できますが、基準床高(ホール床高さ)は直接変更ができません。
基準床高さを含む各部屋の床高さを変更する場合は、次のように操作します。

<基準床高さを含む各部屋の床高さを変更する手順>
@ メインメニューの企画設計タブにある「高さ設定」をクリック。
A 画面上部にある(一覧)をクリック。
一覧表示に切り替わります。
B 部屋名の一覧から「ホール(または廊下)」の床高さを入力。
床高さが変更されます。
※当該階層の部屋のうち、ホール属性の部屋の床高が「基準床高」となります。複数のホール属性区画が存在する場合は、その中で最も低い床高が「基準床高」となります。
ホールの床高さを変更後、階基準高さを確認すると、基準床高とFLの値に反映していることを確認できます。
階基準高さの確認(設定)方法はこちらをご覧ください。
建物の軒高さ、階高さを変更したい
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。