CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問
建物の軒高さ、階高さを変更したい。基礎の高さを変更したい。


回答
 
建物の軒高さ、階高さ、基礎高さ等を変更・確認するには、高さ設定プログラムの「階基準高さ」で行います。
<階基準高さを開く手順>
@ メインメニューの企画設計タブにある「高さ設定」をクリック。
A

画面上部にある(階基準高さ)をクリック。
または、表示された簡易立面のいずれかの外壁をクリック。

B 挿絵を参考に階基準高さを設定し、「OK」をクリック。
軒高さが変更されます。
【高さ設定のポイント】
階基準は、FLではなく「土台」「胴差」「梁・桁」などの横架材の天端位置を基準としています。
FLは、床高さを基準として自動計算されます。
FLの設定について、詳しくはこちらをご覧ください。
高さ設定でFLを指定・変更する方法を教えて欲しい
下記[階高さの設定例]のように、下から積み上げるように入力すると、軒高さがスムーズに指定できます。

[階高さの設定例]
@ <階基準高さを開く手順>のように階基準高さを開く。
A 1階の階基準欄に、土台の天端高さ(GLからの距離)を入力。
※1階の軒高さに反映し、同じ数値が2階の階基準に適用されます。
B 1階の階基準高さ欄に、土台天端から胴差天端までの距離を入力。
※1階の軒高さに反映し、同じ数値が2階の階基準に適用されます。
C 2階の階基準欄に、胴差天端から桁天端までの距離を入力。
※2階の軒高さに反映します。
【参考】
[基礎高さについて]
階基準高さで指定する基礎高さは、外観パースや立面図などの3次元変換結果に反映する基礎の高さで、任意の数値を設定できます。
基礎伏図や矩計図などで扱う基礎の立ち上がり高さについては、1階の階基準の数値が基準となります。
矩計図の基礎高さについて、詳しくはこちらをご覧ください。
矩計図で基礎の立ち上がり高さを指定したい(木造工法)

基礎伏図の基礎高さについて、詳しくはこちらをご覧ください。
基礎伏図で基礎の立ち上がり高さを変更したい
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。