CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

矩計図で基礎の立ち上がり高さを指定する方法を教えて欲しい。(木造工法)


回答
 
AD-1では、基礎の立ち上がり高さは、次の基準によって決まります。
基礎立ち上がり高さ = 1階階基準 ― 土台寸法
[例]
1階階基準が「505」、土台寸法(縦寸法)が「105」の場合、基礎の立ち上がり高さは「400」(505-105)となります。
1階階基準の値は、「高さ設定」の「階基準高さ」で指定できます。
高さ設定の階基準高さの設定方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
建物の軒高さ、階高さを変更したい
指定部材で矩計図を作成する場合、土台寸法は矩計図作成条件で指定することができます。
<土台寸法の設定手順>
@ メインメニューの意匠設計タブにある「矩計図」をクリック。
A

「設定」メニュー→「矩計図作成条件」→「自動生成」を選択。

B 壁タブをクリックし、土台のサイズを指定。
「OK」をクリック。
「伏図連動」の設定で矩計図を作成する場合は、「基礎伏図」で土台寸法を設定します。
設定方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
基礎伏図で基礎の立ち上がり高さを変更したい
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。