CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

プラン図で配置した部品が、立面図で隠線処理したところ表示されてこない(レンダリング結果には表示されている)。


回答
 

プラン図の内観部品に登録されているものは、立面図および外観パースの隠線処理では対象外で、ワイヤーフレームやレンダリング結果に反映していても、隠線処理の結果には反映しません。

内観パースと鳥瞰図の隠線処理では、内観部品を対象とします。

例えば、(内観部品)→(置物)に登録されている汎用部品(立方体、円柱など)を利用して、屋外に設置する部材を表現させた場合、隠線処理の結果には反映しません。

汎用部品は、(付属品)→(造作)にも登録されており、屋外で利用するものはこちらを使うことで、隠線処理の結果に反映します。
屋外に配置して隠線処理に反映させたい内観部品は、付属品の分類に再登録し、利用してください。
登録済みの部品を他の分類に再登録する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

外構部品の自動車をプラン図で配置したい。

 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。