CPU(シーピーユー)ホームページ  
 
 
CPU(シーピーユー)|トップページ CPU(シーピーユー)|製品・サービス CPU(シーピーユー)|ダウンロード CPU(シーピーユー)|サポート CPU(シーピーユー)|企業情報 CPU(シーピーユー)|採用情報
FAQ
※本資料の内容は、次の製品およびバージョンに対応しています。
 但し、文章内は、一部の製品を例に記載しています。

 
 

質問

単独階段の入力が上手くいかない。
直階段や折り返し階段などの用意されたパターンでは配置できない階段形状を作成したい。


回答
 

単独階段の機能を利用することで、「直階段」「かね折れ」「折り返し」の各部分を組み合わせて、標準パターン(複合階段)には無い階段を配置することができます。

[例]
以下のような単独階段の配置方法を説明します。
この例では、踊り場を上がってすぐに2階廊下があり、標準パターンの折り返し階段は配置できません。単独階段の「直階段」と「折り返し」を繋いで配置します。
複数の単独階段を組み合わせて配置する際は、あらかじめ階段全体の段数を想定して、それぞれの単独階段を配置します。
今回の例では、直階段部分の分割数が「10」、折り返し部分の分割数が「4」、全体では14分割に1段足した「全段数15段」の階段となります。

<単独階段の配置手順>
@ 階段を入力したい区画を、部屋名で「階段」に設定。
   
A (階段)から(単独階段)をクリック。
(直階段)をクリックし、直階段(単独)ダイアログが表示されたら、以下のように入力し、「OK」をクリック。
   
B 階段の登り口をクリックし、階段を配置。
   
C 続けて、(折り返し階段)をクリック。
折り返し階段(単独)ダイアログが表示されたら、以下のように入力し、「OK」をクリック。
   
D 先に配置した直階段をクリックし、折り返し部分を繋げて配置。
※部屋属性の入力やその他の階段設定に関する内容は、複合階段(標準パターン)と同様です。
【参考】
折り返し部分を配置した直後は、他の部分と重なって見えますが、壁などの別のコマンドを選択すると、重なった部分が自動的に正常な状態で表示されます。
【参考】
複合階段の入力についての詳細は、(MADRIC・AD-1グループ)の(マニュアル)をクリックし、PDFマニュアルをご覧ください。
1_基本トレーニング_Step1.pdf P 89 「階段入力」
 

≪アンケートご協力のお願い≫
今後のサービス・情報提供に役立てて参りますので、以下のアンケートにご協力ください。