CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
各種情報
PYTHAについて様々な資料を提供します。
PYTHA全般に関するアドバイスや注意点などをご紹介します。
Ver.20.0付属の無償ビューア(RadioShow)が起動しない場合の対応 

■ 無償ビューアが起動しない場合

PYTHA Ver.20.0に付属の無償ビューア(RadioShow)、およびRadioLabから実行形式で保存していただいたデータを、PYTHAをインストールしていないパソコンで実行すると、以下のエラーメッセージをだして、起動しない場合があります。
 

これは、無償ビューアの動作に必要な環境(Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ、以下「VC++2010Runtime」と表記)がインストールされていない場合に発生します。PYTHA Ver20.0をインストールする際、一緒に「VC++ 2010 Runtime」がインストールされますが、PYTHAをインストールしてないパソコンには「VC++2010Runtime」がインストールされていない可能性があります。

お手数ですが、PYTHAをインストールしていないパソコンで無償ビューアおよび実行形式のデータを実行される場合は、あらかじめ「VC++2010Runtime」をインストールしていただきますようお願いいたします。

<処理方法>

@下記のファイルをダウンロードしデスクトップなどに保存してください。

 ファイル名:vcredist_x86.exe  ファイルサイズ:約4.83MB

*以下のMicrosoftのサイトからも同じファイルをダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5555

Aダウンロードしたファイルを無償ビューアを利用するパソコンで実行します。

B画面の指示に従って、インストールを行います。

「同意する」にチェックを 入れて、「インストール」 をクリック
 
インストール後「完了」をクリック

これで、無償ビューアが起動できるようになります。


各種情報のトップページへ
 
 
 
 
 
 
オンラインデモ依頼資料請求
 
 
PYTHAトップページへ