CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
各種情報
PYTHAについて様々な資料を提供します。
PYTHA全般に関するアドバイスや注意点などをご紹介します。
PYTHAとAD-1の対応表 & PYTHAバージョン確認方法
各PYTHAバージョンに対してのAD-1(CG2000)の対応表になります。
PYTHA Ver   MultiPresen Ver CG2000(AD-1)Ver RadioLabの更新日
PYTHA V17.1 A CG2000 Ver 15.0 15.0C 2005/02/02
  B   15.0C 2005/05/23
  C   15.0I
  D   16.0D
PYTHA V18.0 A   16.0G 2006/08/29
  B   16.0H 2006/11/30
  C  
  D AD-1 Ver 1.0 1.0A 2007/03/11
PYTHA V18.1 A 2007/06/29
  B 2007/08/30
PYTHA V20.0 A AD-1 Ver 6.0D AD-1 Ver 6.0D 2014/04/20

■PYTHAのバージョンを確認する方法@(Ver18.0より提供)
画面左下のスタートから「PYTHAシステム情報表示ツール」を選択します。


※「PYTHAシステム情報表示ツール」について
@画面左側にプログラム情報が表示
・PYTHAの場合:ラジオタブ、ラジオショー、モデラーのプログラム更新日が表示されます。
・Multipresenの場合:ラジオラブのプログラム更新日が表示されます。
A画面右側:オペレーティングシステム
・使用パソコンの性能(スペック)が表示されます。


■PYTHAのバージョンを確認する方法A−プログラム上で確認
@RadioLabの場合
上部の[情報]→[PYTHA RadioLabについて(O)]を選択

※参照画像(PYTHAV18.1の場合)

AMODELの場合
上部の[情報]→[MODEL情報(M)]を選択

※参照画像(PYTHAV18.1の場合)

各種情報のトップページへ
 
 
 
 
 
 
オンラインデモ依頼資料請求
 
 
PYTHAトップページへ