CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
マルチスレッド対応
 
光源計算においてマルチスレッド処理に対応し、複数の光源計算を同時に行うことで、高速に処理できます。
マルチコア CPU・・・Core2Duo、Core i5、Core i7 など

マルチスレッド計算について有効/無効を切り替えることができ、両者の違いは以下のようになります。

■マルチスレッドの効果(例)
サンプルデータ「建物サンプル.rlb」を利用。光源計算情報をリセットし、あらためて「すべての光源ON」を実行して計算が完了するまでの時間を計測。
 
条件(CPU/OS/Ver) 並列計算 ON 並列計算 OFF
Core2Quad/XP/Ver18.1 (設定なし) 27分59秒
Core2Quad/XP/Ver20.0 8分27秒 18分12秒
Core i5/Win7/Ver20.0 3分53秒 9分55秒
Core i7/Win7/Ver20.0 2分29秒 8分7秒
 
■設定方法
照明計算ダイアログを開き、「並列計算(マルチスレッド)」にチェックを入れます。
設定後、RadioLab を再起動することで有効になります。
 
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
   
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ