CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
マルチテクスチャ
 
1つの面に対し、同時に4つのテクスチャを自由に貼れます。レイヤのモードは3種類(変調・置換・追加)あり、部分的なテクスチャの移動や汚れやダスト等、より細かい表現が簡単になります。
 
■設定方法
通常のテクスチャ設定に重ねて(同じ面に対して)、テクスチャレイヤを2として汚れに相当する画像データを「変調」設定で適用します。「変調」とすることで、画像の白色を透過して投影されます。
※置換 ※追加 (追加の場合は右図のように背景黒の画像を利用します)
 
[参考]
通常の床模様などのテクスチャは繰り返し並べて表現しますが、汚れなどを表現するテクスチャは並べる必要がありません。この場合は、テクスチャダイアログにおいて、右上の画像が表示されている個所をダブルクリックすると当該画像についての設定ができ、そこで「テクスチャの繰り返しを表現しない」にチェックを入れることで、並べた表現になりません。
 
テクスチャの表示位置は、同じくテクスチャダイアログの「編集」ボタンから、テクスチャ編集ダイアログを表示し、水平方向/上下(垂直)方向で位置を調整します。
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
   
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ