CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」 PYTHAトップページへ
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
RadioLab Ver.20新機能
ゴボ(Gobo)
 
ゴボとは、照明技術の一つで、光源を透過させることにより描かれているサイン・マークが投影されることです。スポットライトにテクスチャを設定することで、投影したいものを自由に設定することができます。
 
■ゴボの例
 
■設定方法
[表示]メニューから「プロジェクタ」を開きます。「新規作成」をクリックし、プロジェクタの名前を付けて追加します。追加したプロジェクタについて、設置位置を指定します。
 
設置位置指定の方法は次の3種類(A〜C)あります。
 
 A.座標値を直接指定
 B.視点位置を反映
 C.配置済みのスポット光源を利用

Aの座標値を指定する方法は、座標を認識することが難し
いため、Bまたは C を利用することをお勧めします。

Bは、スポット光を投影する基準位置に視点を移動し、そ
こから投影する方向を向いた状態で「視点参照」をクリッ
クします。

Cは、あらかじめスポット光源を配置しておき、光源リス
トでそのスポット光を選択している状態で、「選択済みのスポット光源」をクリックします。

いずれかの方法で、座標値が入力されます。プロジェクタの位置を決めたあと、投映イメージでゴボとして投映させる画像を選択します。実際に表現されている様子を確認しながら、透明度や投映角度の調整を行います
 
RadioLab Ver.20新機能のトップページへ
 
 
 
   
 
 
オンラインでデモ依頼 テクニカル受付窓口
 
 
PYTHAトップページへ