CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
Model Ver.22新機能
レイトレーシングエンジンを一新
1980年代に開発された古いレイトレーシング(以下トレーサ)を引退させ、新しいエンジンを導入しました。
....(続きはこちら)
アンビエント オクルージョン
RadioLabのように、ModelでもA・O(アンビエント オクルージョン )に対応。ハイクオリティなイメージ画像を短時間で作成できます。
....(続きはこちら)
ダブテール表現
パーツ間のジョイント表現がより現実的になりました。
5つのバリエーションでさらに表現力が豊富になります。
....(続きはこちら)
ライブラリー管理
フィッシュフークマークで、ライブラリーが表示されます。
ドラッグ・アンド・ドロップで簡単に配置できます。
....(続きはこちら)

新しいプロファイル
プロファイル機能はモデリング時に、とても重要な機能です。
様々な形状に対して上部と下部の半径(負の半径を含む)の調整に対応しています。...(続きはこちら)
スマートパラメータ
選択された辺に対して、半径を自由に変形できます。
全体をまとめて処理することはもちろん、個別設定も対応しています。....(続きはこちら)

ドキュメント強化
新しいテキスト90個を追加しました。「Alt」キーを併用するとショートキーが確認できます。
....(続きはこちら)

レリーフ機能
RadioLabにある「レリーフ」機能をModelにも搭載しました。
イメージから3D部品を生成することができます。
....(続きはこちら)
パーツリスト強化
基本パーツリストには、部品名・寸法・数などの情報管理有償版には、CNC加工に必要な情報が付加されます。
....(続きはこちら)
CONVEX HULL
新しい機能「HULL(ハル)」は、複数のオブジェクトを結合し、1つのオブジェクトとして生成できます。
....(続きはこちら)
 
 
 
オンラインデモ依頼 資料請求
 
 
PYTHAトップページへ