CPU(シーピーユー)3DCADシステム「PYTHA(ピュータ)」
サイト内検索
 
PYTHAホーム 製品紹介 ギャラリー サポート ダウンロード 資料請求 お問い合わせ
サポート
PYTHAVer18.0 MODEL 新機能
新!画面操作方法

1)キーボードでの新しい操作方法
スペースキーで簡単に表示を切り替えることができるようになりました。4面表示の状態で、拡大して表示させたい面にマウスカーソルを合わせてスペースキーを押すと、表示が切り替わります。再度スペースキーを押すと4面表示に戻ります。

マウスでの新しい操作方法
表示位置の移動がマウス操作で簡単にできるようになりました。
これまでと異なり、[Ctrl]キーを押す必要が無くなりました。


※参照画像:中ボタンで移動の例

@左ドラッグ:アクソメ表示上で左ボタンを押したままマウスを動かすと、軸位置を回転できます。
Aマウスホイール:・中ボタンを上下スクロールすると、画面表示を拡大・縮小できます。
B中ボタンドラッグ:中ボタンを押したままマウスを動かすと、画面の表示位置を移動できます。矢印の方向にオブジェクトが動きます。
Cダブルクリック:左ボタンをダブルクリックすると、アクソメ表示の軸位置を初期に戻し、オブジェクト全体を表示します。 (アクソメ表示の軸位置を回転していた場合のみ有効)

以前バージョンの新機能のトップページへ
 
 
 
 
 
 
オンラインデモ依頼 資料請求
 
 
PYTHAトップページへ