目的に応じた積算環境をすぐに構築
さまざまな発注元に適した地域独自のカスタマイズを実現

製品特長

積算作業の動きに合わせて
目的の電子設計書データを連動表示

正確な設計書を作成するには、発注者からの設計書の確認が何度も必要なもの。ゴールデンリバーは確認作業を軽減できる便利なシンクロ表示機能を搭載しています。作成している設計書の行をクリックすると、別ウィンドウで表示している電子設計書の該当ページをジャンプ表示します。いつでも、もとの設計書を参照しながら安心して作業でき、照合作業が軽減され、正確性も向上します。さらに、読み込まれた代価番号で確認作業が捗ります。

同一番号の代価表を瞬時に判断し
積算結果に反映

電子設計書取込により設計書を作成する場合や設計書内に同一条件の歩掛が存在する場合は、一つの歩掛で条件選択をすれば、代価表番号をもとに同一条件の歩掛に一括で条件選択が反映されます。同じ条件の歩掛を何度も設定する必要はなく、作業負担を軽減します。

検索の手間不要!
1クリックで直近の単価に置き換え

電子設計書取込を利用した際は、「単価照合」ボタンをクリックするだけで、工事履歴から直近の単価を読み込み設計書に反映します。検索の手間が軽減され、作業時間の短縮にも繋がります。

工事価格から各種調整方法により
目標金額の内訳書を作成

設計価格算出後、目標とする入札価格に調整を行う逆計算に対応しています。
発注元毎に落札価格条件は異なりますが、ゴールデンリバーではさまざまな逆計算方法を採用し、積算後の入札価格作成をサポートします。

発注者が設定する率を入力するだけで
最低制限価格を算出

発注者が設定する最低制限価格の掛率を入力することで、ゴールデンリバーで求めた工事価格から瞬時に最低制限価格を逆計算します。また、発注者が設けた最低制限価格をあらかじめ設定しておけば、逆計算およびシミュレーションの両方で利用でき、競争入札が激化している地区では安心の機能です。

簡単設定で予定価格から
入札価格をシミュレーション

入札予定価格または設計価格からスピーディーに直接工事費を判定します。詳細な端数設定や間接工事費の対象外項目、共通仮設費積み上げ額など、経費に影響する設定項目を考慮しながら最低制限価格を算出します。

社内書類として活用

社内での比較・検討に便利な書類やデータの出力にも対応し、社内業務の効率化に効果を発揮します。